有限会社マスタニテック

06-6581-2369

お問い合わせはこちらから。有限会社マスタニテック

真鍮加工について

切削のしやすさが特徴的な銅と亜鉛の合金、真鍮。
2つの金属素材の配合を調節することで硬度や脆性をコントロールすることができます。
鋳造や加工が容易なため、様々な用途にお使いいただけます。
また、黄銅の美しい光沢も真鍮ならでは。
当社はお客様の利用目的やご要望に沿った配合で、ご満足いただける真鍮加工を承ります。

 

■マスタニテックの真鍮加工
当社では熱伝導率が高く、熱変化に敏感な真鍮加工を、徹底した管理体制下で行っています。
通常困難なご要望もおまかせください。
複雑な形状に対しては、専用の治具を製作したうえで加工いたします。
また、5軸加工に対応していますので高い精度を実現し、さらに多彩な検査装置による厳しいチェック業務も行います。

加工事例

取扱素材

種類

解説

C3604

快削真鍮丸棒。被削性に優れています。

C4641

ネーバル真鍮丸棒。耐食性、特に耐海水性に優れています。

CAC406C

砲金(BC6)丸棒。銅・すず・亜鉛・鉛が配合された合金です。

C6191

ABB2切板。Cu-Al-Fe-Ni-Mn合金。
強度が高く、耐磨耗性、耐食性などに優れています。

C6782

高力真鍮丸棒。
Al・Fe・Mn・Siが添加され、強度が高く、熱間鍛造性、耐食性に優れています。