有限会社マスタニテック

06-6581-2369

お問い合わせはこちらから。有限会社マスタニテック

アルミ加工について

軽い金属といえばアルミ。その軽さは他の金属素材と比べても明らかです。
たとえば、比重で見ると鉄や銅のわずか3分の1しかありません。
また、アルミは純度が高いほど電気が通りやすくなるという性質をもちます。
“精密部品の軽量化”や“電気製品への活用”など、目的に応じた多様な活用が可能です。
当社は、アルミ加工において柔軟な対応に努めています。

 

キャリア豊富な技術者がフレキシブルな対応でアルミ加工を行います。
アルミは熱変化しやすく外気温に左右されやすい性質のため、熱をコントロールしながら加工作業を展開。
また、5軸加工への対応を可能にしていることで、精度の追求も十分です。
もちろん薄いアルミについてもしっかり対応します。

加工事例

取扱素材

種類

解説

丸棒:A2011

2000系のAl-Cu合金で、強度と切削加工性に優れています。

丸棒:A2017

両面の面削加工による板厚精度の向上と、アルミ2000系特有の加工歪みを
抑えたアルミ素材。

丸棒:A2024

2000系のAl-Cu合金で、超ジュラルミンとも呼ばれています。
切削加工性に優れています。

丸棒:A5052

5000系のAl-Mg合金です。

丸棒:A5056

5000系のAl-Mg合金で、耐食性、切削加工性、陽極酸化処理性に優れています。

丸棒:A6063

6000系のAl-Mg-Si合金。耐食性、表面処理性に優れています。